便秘解消方法

正しい便秘解消方法って?

便秘解消方法

正しい便秘解消方法って?
便は毎日出るのが理想ですが、毎日排便されなくても、すっきりとすれば健康といえます。逆に、なかなか便が出ずに苦しくなったり、また排便をするときに痛みを感じたり、残便感を感じる場合にはたとえ毎日排便があったとしても便秘といえます。
便秘解消方法にはいくつかありますが、まずは便秘の原因を知ることが大切です。正しい便秘解消方法は、どのような原因で便秘になっているかを知ることからはじまります。

便秘の理由として挙げられることのひとつは、食べる量が少ないことにあります。とくに若い女性に多いのが、ダイエットをするあまり、食べる量が極端に少ない場合です。食べる量が少なければ、当然排便される量も少なくなります。なるべく食物繊維の多いものを中心にとるように心がけます。

二つめの理由としては、腸内環境の悪化があります。ストレスや生活習慣によって腸内環境が悪いと、便秘になりがちです。ストレスを発散させたり、乳酸菌など腸を元気にする食べ物を積極的にとるようにこころがけます。



ツボ&体操のお手軽便秘解消方法

便秘解消 ツボ便秘解消方法としてお手軽なのはツボ押しや体操などです。
自分で簡単に押せるツボとしておすすめなのはへそより指2本分ほど外側にある中かん(ちゅうかん)です。親指などで優しく指圧しましょう。出来るだけリラックスした状態でしたほうが効果を実感しやすいため、仰向けに寝転んだ状態で行うのがおすすめです。またおへそより指3本分ほど下にある関元(かんげん)というツボもおすすめです。中かんと同じように優しく指圧しましょう。カイロや湯たんぽなどで温めながら行うのも効果的です。
そして便秘解消方法として手軽なのは体操です。ラジオ体操や腰をまわしたりするのも腸の蠕動運動を促すのに効果的ですが、うつぶせになってごろごろ寝転ぶだけでも小腸や大腸に刺激を与えて便秘解消効果が期待できるでしょう。テレビを見ながら、スマホをいじりながら、など何かをしながらでも簡単に行える便秘解消方法なので、お腹が張って苦しい時や排便がないときに行うとおすすめです。


妊娠中の便秘解消方法とは?
便秘解消 ツボ 今まで便秘とは無縁の生活をしていたのに、妊娠したことで便秘になってしまったという人は多いです。
妊娠中だと便秘薬を飲むこともできませんし、運動もなかなか思うようにできず便秘がひどくなるということも珍しいことではありません。
妊娠中の便秘解消方法はどのようなものがあるのでしょうか。
妊娠中の便秘解消方法は安心して行えるということが大切です。
まずは食事から見なおしてみましょう。
水分を多く摂り、食物繊維が豊富な食材をたくさん食べるようにします。
食物繊維にも水溶性とそうでないものがあり、慢性的な便秘の場合は便を軟らかくする効果がある水溶性のものがおすすめです。
キノコ類やこんにゃく、山芋などは水溶性食物繊維が豊富ですので積極的に摂るようにしましょう。
安定期に入ったら適度に体を動かすことも大切です。
腸の刺激になるだけでなく、体重管理にも大きく役立ちます。
普段の掃除など家事をいつもよりも念入りに行うだけでも充分です。


便秘解消方法にはマッサージと食べ物が良い?
便秘解消 ツボ 便秘解消方法はいくつもありますが、中でも簡単に行えるのはマッサージです。お腹が張って苦しい時やトイレに行く気持ちが起こらないときなど、腸の付近を優しく時計回りにさすってあげると良いでしょう。力を入れすぎないで優しく行うことが大切です。触ると痛い部分があれば便が詰まっている可能性があるため、温めたり重点的にマッサージを行いましょう。
また食べ物に気をつけることも便秘解消方法には重要です。食物繊維の多い野菜やキノコ類、腸をきれいに掃除してくれるこんにゃくもおすすめです。出来れば主食は白米から雑穀米や玄米などに変えてみると、より食物繊維を摂取することが出来て便秘解消に効果的です。
外食が多い人はサラダを食べたり温かいスープを添えてみたりと、少しでも栄養バランスが良くなるような心がけをすれば食べ物で上手に便秘解消方法を実践していくことが可能です。
大切なのは便秘になったときだけするのではなく、日々の習慣として行うことです。